1. Home  > 
  2. フランク ミュラー 
  3.  > トノウ・カーベックス ジャンピングアワー プラチナ
  • SOLD OUT
7500SC PT White

トノウ・カーベックス ジャンピングアワー プラチナ

参考定価
¥3,402,000Tax in
PAW価格
¥1,836,000Tax in

上記の販売価格(PAW価格)には消費税8%が含まれております。

販売は終了しました

Item info

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
7500SC PT "トノウ・カーベックス ジャンピングアワー" です。

時計づくりの技を極めること、しかも技巧に走ったり尊大な態度をとることもなくその技を有効に生かすこと。それはまぎれもなく、完璧を目指すマスター・ウォッチメーカーの誰もがゴールに据える目標です。ジャンピングアワーは、まさにこのような目標にふさわしい複雑機構です。この時計は、時・分というエッセンスのみを抽出して表示するからです。ジャンピングアワーは一般的に時間の数字が小窓に表示され、中央に配された1本の針で分が示されるので、文字盤は無駄のないシンプルなデザインに仕上げられています。この場合、レギュレーター・タイプの文字盤が多く用いられ、時刻の表示は縦一直線に並べられています。フランク ミュラーは、多くのモデルにこのような特別のスタイルを採用しています。

この複雑機構は、60分経過すると瞬時に切り替わる数字に特徴があり、その実現はけっして容易ではありません。12時位置に配された小窓で時間の数字を中央の針で分を表示するというコンプリケーション・ウォッチは、きわめて高度なノウハウを必要とするので、めったに製作されません。

一般的にはマスター・ウォッチメーカーといえども手がける機械が少ないジャンピングアワーは、今世紀前半の1930年代に流行しました。その頃のジャンピングアワーは、どれも当時一世を風靡したアール・デコスタイルが色濃く映し出されていました。フランク ミュラーの時計がすべて当時の創作スタイルからインスピレーションを得ていることを思えば、彼がジャンピングアワーをさらに別のスタイルで表現したいと考えたのは当然です。

その中でも、プラチナケースを採用したモデルは、こちらの個体を含め国内で僅か数本しか正規輸入販売されていない大変希少な一品です。

プラチナケースと尾錠は美しい磨きが施され、ストラップも新しいものに付け替えています。

Item detail

年式 1995年
素材 プラチナ
ムーブメント 手巻き
ダイアルカラー ホワイト
ベルト クロコダイルストラップ(お色は選ぶことができます)
防水 日常生活防水
サイズ 39.0mm×29.0mm(ラグを含む)
付属品 PAW保証書、取扱説明書、BOX

※ご覧の商品は東京店、大阪店のいずれかの店舗で展示、販売中でございます。お越しいただく店舗にない場合はお取寄せも可能ですので、ご来店の際は事前にお申し付けください。