1. Home  > 
  2. フランク ミュラー 
  3.  > 1993年製作 オリジナル カーベックス パーペチュアルカレンダー シリアル JA01
2850QP 4N White

1993年製作 オリジナル カーベックス パーペチュアルカレンダー シリアル JA01

参考定価
¥5,830,000Tax in
PAW価格
¥3,960,000Tax in

上記の販売価格(PAW価格)には消費税10%が含まれております。

Item info

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
1993年製作 オリジナル トノウ カーベックス パーペチュアルカレンダー “2850 QP”Champagne Goldです。
 
フランク ミュラーは1987年に始めて3次元曲線を持つトノウケースをデザインし製作しました。それがこの“2850”ケースです。 天才独立時計師としてその名が知られたフランク ミュラーは、1992年に時計メーカーとして「FRANCK MULLER GENEVE」を設立しました。 時計メーカーとはいっても、当初は自宅を兼ねた元パン屋の小さな工房で、彼を含めわずか6人の小規模なアトリエからスタートしました。そして時計メーカーとしての看板商品とするべくまず初めに8種類のモデルを考案しました。完全受注生産であった当初、顧客に見せるオーダーサンプルとしてのプロトタイプ(試作品)を各々1個ずつ製作しました。そして注文を受けてから約5カ月後に顧客の元に届けられていました。 この“2850QP”は、ブランド設立最初期における7000R(ラウンド スプリットセコンド)と双璧をなす“トノウ型の顔”としてFRANCK MULLERのイメージを広める広告として使われていた“看板的”なモデルです。 しかし2850QPは1992年から93年の間少数製作されたあと、“2851”にケースをマイナーチェンジし、94年には“2852”ケースにバランスを変更した後は、すべてそのケースに移行し、それ以降はこの“2850”ケースの製作を終了しています。

2850/2851は、現行のトノウケースよりも細長いシェイプとなり、裏蓋を止めるビスの位置が異なり、ベルトの付け根となるエンドピースの裏側から固定する方式が取られています。 最初期の“2850”とマイナーチェンジした“2851”との違いは裏蓋の形状が異なるのみとなりますが、2850の場合は液状パッキンによる防水処理で、2851ではより防水性を高めるべくゴムパッキンに変更された為、それによって裏蓋の形状も異なります。防水性においては後者に劣るものの、当初のフランク ミュラーのデザインはケースフォルムへのこだわりから裏蓋の形状まで3次元曲線で作られていただけに、2850ケースの裏蓋は、機能における洗練とは別の、メーカー初期段階特有の不安定な中にも荒削りな勢いと繊細な美を感じさせます。

文字盤はホワイトマット仕上げで黒のビザン数字のレタリングがこれ以上ない絶妙なバランスでレイアウトされ、ケースの四隅に向かって放射状にデフォルメされています。1910年代初期のアール ヌーヴォーを思わせるデザインは、まるで80年以上前に作られたアンティークウォッチを見ているかのようです。

こちらの商品はブランド草創期の1992年にオーダーされ、その翌年に完成しました。その証しとしてシリアルNo.「JA01」を有します。当時はシリアルNo.の前に輸出先の国名を示すアルファベットが刻印されておりました。この時計は日本向けシャンパンゴールドの1本目のオーダー品という希少な個体でもあります。27年の歳月を経たとは思えない程、大変素晴らしいコンディションを保っています。クラシカルなホワイトマットの文字盤には特に気になるような経年変化も見られず、数字のレタリングには今も尚艶があります。

Item detail

年式 1993年
素材 18Kシャンパンゴールド
ムーブメント 自動巻き(プラチナローター)
ダイアルカラー ホワイトマットダイヤル
ベルト クロコダイルストラップ
※ストラッブのカラーはお選びいただけます。
防水 日常生活防水
サイズ 縦45mm(ラグを含む)×幅30mm(リュウズを除く)
付属品 PAW保証書、取扱説明書、BOX

※ご覧の商品は東京店、大阪店のいずれかの店舗で展示、販売中でございます。お越しいただく店舗にない場合はお取寄せも可能ですので、ご来店の際は事前にお申し付けください。

Recommend item