1. Home  > 
  2. フランク ミュラー 
  3.  > トノウ・カーベックス ローマインデックス "オリジナルシェイプ"
2851S6 PT White Roma

トノウ・カーベックス ローマインデックス "オリジナルシェイプ"

参考定価
¥3,510,000Tax in
PAW価格
¥2,570,400Tax in

上記の販売価格(PAW価格)には消費税8%が含まれております。

Item info

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
フランク ミュラー最初期のオリジナルカーベックスシェイプ "2851S6 "です。
今から24年前になる1986年、当時28歳のフランク ミュラーは初めてこの"トノウ・カーベックス"の腕時計を製作しました。わずか15歳で、ジュネーブの時計学校で時計という極小機械に取り組み、すぐさまその並はずれた才能を開花させ、18歳の時には自身のオリジナル・デザインによる時計を完成させました。
そして20歳を過ぎる頃には個人収集家や公共の博物館の収蔵品の修理を引き受け、自らの腕を磨きながら腕時計のすべてを学びとっていたある日、彼の時計に執心なコレクターのその奥さんから、『女性にも付けられる時計をデザインして欲しい』との依頼を受けました。それまで男性向けのコンプリケーションばかりを製作していた彼は、女性が身につけても美しい曲線的な腕時計を作ろうと考えたのです。そうして生まれた"トノウ・カーベックス"は、イタリアのビチェンツァで開催されたエキスポに出品したことがきっかけとなり多くの人の目を釘付けにしました。何故ならこれ程までに大振りで且つ3次元に湾曲した腕時計をそれまで誰も目にした事がなかったからです。

そして日本の我々が初めて"トノウ・カーベックス"を見た時も、やはり同様の違和感に似た感動を憶えたものです。その"違和感"はいったいどこから湧いてくるのか、それは腕時計という人間が作った人工物というより、むしろ"自然物"としてあるもののバランスに似ているからかもしれません。すべてのラインが曲線のみで構成され、放射状にデフォルメされたビザン数字のダイアルは、大胆でありながら繊細な美しさがあり、まるでたった今溶け出したかのように手首に吸い付くように巻きこみ、不思議に何か動物的な官能を感じさせました。

このモデルは1993年の会社設立初期に製作されたもので、86年にミュラー氏が初めて考案したオリジナルカーベックスシェイプのプラチナ製です。また、このモデルの文字盤はローマン数字の仕様となり、通常のビザン数字文字盤より当初から製作本数が少ないモデルです。現行のトノウケースよりも細長いシェイプとなり、裏蓋を止めるビスの位置が異なり、ベルトの付け根となるエンドピースの裏側から固定する方式が取られています。
繊細且つ優雅で、雰囲気のあるマットギョウシェ仕上げのローマ文字盤はダークグレイのインクでレタリングされ、ケースの四隅に向かって放射状にデフォルメされています。1920年代初期のアールデコを思わせるデザインは、まるで70年以上前に作られたフランク ミュラーのアンティークウォッチを見ているかのようです。

プラチナケースには新品同様の仕上げが施され、ストラップも新品に交換済みです。

Item detail

年式 1993年
素材 プラチナ
ムーブメント 自動巻き
ダイアルカラー ホワイト
ベルト クロコダイルストラップ(お色はお選びいただけます)
防水 日常生活防水
サイズ 縦:45mm×横:30mm ベルト幅:16mm
付属品 PAW保証書、取扱説明書、BOX

※ご覧の商品は東京店、大阪店のいずれかの店舗で展示、販売中でございます。お越しいただく店舗にない場合はお取寄せも可能ですので、ご来店の際は事前にお申し付けください。