1. Home  > 
  2. フランク ミュラー 
  3.  > 1995年製作 2852T インペリアル トゥールビヨン 18Kホワイトゴールド
2852T O OG White

1995年製作 2852T インペリアル トゥールビヨン 18Kホワイトゴールド

参考定価
¥19,170,000Tax in
PAW価格
¥9,720,000Tax in

上記の販売価格(PAW価格)には消費税8%が含まれております。

Item info

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
2852T 「Imperial Tourbillon 」(インペリアル トゥールビヨン) です。

この時計は、1995年に製作されたもので、【Imperial Tourbillon】とインペリアル トゥールビヨンと名付けられたモデルです。

その昔、アジアの王侯貴族が懐中時計のトゥールビヨンを作らせましたが、その複雑でデリケートさが故、よく故障してしまったことから、『この時計には悪魔が憑いている』といって嫌ったという言い伝えがあるそうです。 フランク ミュラーはその逸話に着想を得て、この“インペリアル・トゥールビヨン”を製作しました。

このモデルは、トゥールビヨンの天符(テンプ)を納めるケージ(籠)を、前後6本の剣に模し、それを常時回転させることで、内部に侵入しようとする邪悪な者を切り祓って守る役割としたのです。これは、時計の心臓部である脱進機を人の「生命」にたとえ、この時計を身につける人が、あらゆる災いから救われるようにと、元来の精度を追求する為の装置に留まらず いわゆる“魔除け”や“お守り”といった物として、その作品に精神的な意味合いを持たせています。

トゥールビヨンとは、機械式時計のメカニズムの中でも、特異な存在であり、同時にその最高峰に位置するモデルで、地球上の重力によって生じる時計精度の狂いを、自ら補正する特殊な機構を備えています。従来固定された部品であるガンギ車と振り子の役目を担う天符を、特殊なケージ(籠)の中に収め、それを回転させながら更に固定された歯車を駆動させ、不均衝を平均化する事で、その精度を高める原理の装置です。
今から約200年前、置き時計から懐中時計へと移行した時代、姿勢差による誤差を安定させる為に開発された当時画期的なシステムでしたが、その並外れた繊細さと複雑さから、極めて高度な技術を持った一部の時計師以外、これを製作する事が出来なかった為、一般に普及するまでには至りませんでした。

こちらの個体は、この18Kホワイトゴールドの本体に同素材のWGブレスレットが付いた大変贅沢なモデルです。ブレゲ数字のインデックスとその文字盤には、籐籠の網目を思わせるオリエンタルなギョウシェパターンが施されており、角度によって色目が変化するその様は蝶々の翅(はね)のように高貴な趣があり、まさに “皇帝のトゥールビヨン” の名にふさわしい意匠がこらされています。
そして、シースルーバックになった裏蓋からは、総て手彫りによる美しいイングレーヴ(彫金)が施され、この個体が特別な作品である事を裏付けているかのようです。

Item detail

年式 1995年
素材 18Kホワイトゴールド
ムーブメント 手巻き
ダイアルカラー ホワイト
ベルト 18Kホワイトゴールド製ブレスレット
防水 日常生活防水
サイズ 縦:43mm(ラグを含む)×横:31mmベルト幅:17mm
付属品 PAW保証書、取扱説明書、BOX

※ご覧の商品は東京店、大阪店のいずれかの店舗で展示、販売中でございます。お越しいただく店舗にない場合はお取寄せも可能ですので、ご来店の際は事前にお申し付けください。