1. Home  > 
  2. フランク ミュラー 
  3.  > トノウ・カーベックス ゴールド・クロコ
  • SOLD OUT
5850SCGOLDCRO 5N Gold

トノウ・カーベックス ゴールド・クロコ

参考定価
¥2,322,000Tax in
PAW価格
¥1,317,600Tax in

上記の販売価格(PAW価格)には消費税8%が含まれております。

販売は終了しました

Item info

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
2011年に発表された「クロコシリーズ」はケースとダイヤルに一枚革で覆ったかのような原寸大のクロコダイル模様を彫刻しています。ケースとダイヤルのパターンは、つながっており、3次元のフォルムに正確に切り込んだパターンは高度な製造技術の証でもあります。

このような奇抜なデザインも芸術文化を振り返ると必然的な考え方にも感じます。自然を着想の源としたアール・ヌーヴォー(芸術様式)は、絵画や建築以外に宝飾品にも命を吹き込んだとされています。特に当時は造形したガラスや象牙・角といったあまり宝飾品には一般的でなかった素材を組み合わせて、宝飾で象徴的なダイヤモンドをあえて副次的な役割に使ったとされています。また当時はその作品性の高さから宝飾工(職人)は芸術家とも考えられました。

現代において、時計師フランク ミュラーは今や芸術家(アーティスト)と考えられています。またフランク ミュラーを象徴とする3次元フォルムのトノー・カーベックスは、軽快で洗練されたパリのアール・ヌーボー様式を彷彿とせますが、ブラッククロコは、ガウディに代表される曲線と生物的な彫刻を施すスペインのアール・ヌーボー様式を感じさせます。

「美しい形は構造的に安定している。構造は自然から学ばなければならない」というガウディの考え方にフランク ミュラーも少なからず影響している一人かもしれません。

独創的な表現に目を奪われますが、時計師、時には芸術家として表現されるゴールドハンドのフランク ミュラーだからこそ、生物的な造形が"美しい形"そのものなのかもしれません。

こちらは2013年に発表されたゴールド・クロコシリーズの中でもやや小ぶりな5850ケースを使用した珍しいモデルです。日本への入荷本数も約10本程度と希少性もさることながら、クロコシリーズ特有の迫力あるケースデザインをそのままに、オーソドックスな5850サイズである使い勝手の良さも本商品の魅力です。

Item detail

年式 2013年
素材 18Kピンクゴールド
ムーブメント 自動巻き
ダイアルカラー ゴールド
ベルト クロコダイルストラップ(お好きな色をお選びいただけます)
防水 日常生活防水
サイズ 縦:45mm×横:32mm ベルト幅:18mm
付属品 PAW保証書、取扱説明書、BOX


※ご覧の商品は東京店、大阪店のいずれかの店舗で展示、販売中でございます。お越しいただく店舗にない場合はお取寄せも可能ですので、ご来店の際は事前にお申し付けください。